A工場様想定支援 従業員の安全確保、被害の極小化

課題 従業員の安全確保、被害の極小化 巨大地震など「もしもの時」のために、まずは従業員の安全確保を考えなければ。
工場内には大型装置などもあり、転倒も心配・・・。
  • 業態:工場
  • 従業員数:100名
  • 敷地面積:10,000㎡

地震発生時の時系列での想定被害と対策〈想定〉

従業員の安全を第一とした備えをし、設備の被害を最小限に。

建屋内に転倒しやすい設備や薬品などの危険物などがある工場では、ヘルメットや地震計を常備しておき、いつでも安全に、迅速な避難を第一として考えます。
また、人命救助や復旧作業には、専用の道具を使うことが迅速な作業につながります。工具やバール、担架などの人命救助商品、復旧補助商品を防災倉庫に用意しておきましょう。工場内の有効スペースを社員や近隣の人々のための公共の避難所として提供する場合は、簡易トイレや毛布、水の確保も必要になります。